B級バカンス

感動はプライスレス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

天子湖上流謎の彫刻を探す 2

天子湖上流 (2)

右の看板読めますか?


「この先、行き止まり」と書いてあります。

相当の山奥なので、今迄躊躇してましたが今日は行きますよ。


天子湖上流 (3)
この清流とつり橋を眺めながら、

ずんずん山奥へ、、














天子湖上流 (4)
このヘリポートを横目で見ながら、

ずんずん山奥へ、、













天子湖上流 (5)

もう鳴る事もないであろう、火の見櫓を横目で見ながら、

ずんずん山奥へ。








どれだけはしっただろうか?


目的の彫刻はどこなのだろうか?


さっぱり検討付かなかったので、












天子湖上流 (6)

この先の道端で寛がれていた、
第一村人さまにお声を掛けさせて頂き、
彫刻の場所を伺った。



私: 「この先に川の中に幾何学模様の彫刻がしてある石があると聞いたのですが、お判りのようでしたら、教えて頂きたいのですが、、」

村の方: 「あーそれだったら、この先の二股を上に行って、一旦ダートになるけどまた舗装になって暫くしたら、右側を見れば大きな石に彫ってあるよ」


私: 「そうですか、ありがとうございます」


村の人: 「そんなに珍しいのかい、オレの持っている石のほうがもっと珍しいよ」


私: 「そーですか、それはどのような石なのでしょうか?」


村の人: 「川で釣りをしていて、何気に足元の石を見たら、ぱっくりふたつに割れていて、
開いた部分に「一人」の文字が彫ってあったんだ」


私: 「それはスゴイですね!」


村の人: 「よかったから帰りに見に来なよ」


私: 「ありがとうございます。陽が暮れないうちに山を下りたいので、またやって来ます」


村の人: 「直ぐ見せれるから、大丈夫だよ、寄っていきなよ」


と、まあ、日本レコード大賞曲である森進一の「襟裳岬」の歌詞のようなやりとりを、
3~4回行いながら、、取り急ぎ謎の彫刻に向かったのだった。


「B級バカンス度 ☆☆☆ 」
  1. 2015/01/02(金) 16:09:33|
  2. 大自然バカンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<天子湖上流謎の彫刻を探す 3 | ホーム | 天子湖上流謎の彫刻を探す 1>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vacances2007.blog119.fc2.com/tb.php/677-d3090783
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。