B級バカンス

感動はプライスレス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マー君ヤンキース入り?

S-DSC09763.jpg

田中将大投手 笑顔でヤンキース入り。

昨日、電話が知人から掛かってきた。

氏いわく「これからは大きな奥さんもらって、子供が生まれたら野球をやらせるね、
それもピッチャー、多少ごつくても、ハンカチは持たせちゃいけないよ・・」

それにしてもすごいな。

セリエAに入団したサッカー選手も一途な思いが実を結ぶとどんな喜びなのだろうか、、、

などと考えながら記事を読んでいた。

ちょっとテーブルの飲み物に手を伸ばしたら、、、、

文字色S-DSC09765.jpg

とっ、渡嘉ちゃん!!


説明しよう、

渡嘉ちゃんこと渡嘉敷 勝男(とかしき かつお、男性、1960年7月27日 - )は、
日本の元プロボクサー、タレント。沖縄県沖縄市出身[1]、兵庫県宝塚市育ち。
幼少のころからやんちゃ坊主で、高校時代は喧嘩に明け暮れる不良少年であった。

1977年1月30日、テレビでWBA世界ライトフライ級タイトルマッチ具志堅用高対ハイメ・リオス(パナマ)
を観たことがきっかけでボクシングを始めようと思い立つ。
浪速工業高校中退後、単身で上京し、プロボクサーになるべく協栄ボクシングジムに入門。

協栄ジムの金平正紀初代会長は、「具志堅が“カンムリワシ”
ならば、渡嘉敷は“ヤンバルクイナ”にしよう」と、
渡嘉敷勝男の代名詞(キャッチフレーズ)としてヤンバルクイナと命名した。

1981年12月16日、世界初挑戦。金煥珍(韓国)を15回判定に降し、
WBA世界ライトフライ級王座獲得[1]。同王座は具志堅が3月に14度目の防衛戦で敗れ、
手放していたもので、渡嘉敷にとっては9か月前の先輩の無念を晴らす形となった。
同王座はルペ・マデラ(メキシコ、2度)、伊波政春(日本)、金成南(韓国)、
金煥珍相手に5度の防衛に成功するが[1]、1983年7月10日、
6度目の防衛戦でルペ・マデラに4回負傷判定(当時はTKOと記録された)で敗れ、
王座から陥落した[1]。10月23日にマデラと再戦するが、
15回判定負けで王座返り咲きならず[1]。

出典:ウィキペディア






まあ、そんな感じで驚いた。


ちょっとトイレに立とうと新聞から離れたら、、、








S-DSC09762.jpg


ほ、ホームレス中学生!!!こと麒麟の田村なんとか!


阿藤快にも似ているな。


「B級バカンス度 ☆☆☆」



  1. 2014/01/24(金) 07:54:59|
  2. 自宅バカンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小田原 水レモンバルでお洒落に酔う?一軒目 | ホーム | 宮ノ下ノスタルジック「ちょい食べツアー」その4>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vacances2007.blog119.fc2.com/tb.php/624-9b560f5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。