B級バカンス

感動はプライスレス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

修善寺ボランティアガイドさんをお願いいたしました。

20110106_074.jpg

20年近く前、修善寺で集いがあったときにボランティアガイドさんに付近のガイドを
して頂き、とても勉強になったのでまたもやお願いしました。

今回はリタイアメントされた学校の先生です。

20110106_076.jpg
最初に向ったのが待ち合わせをしたお寺です。



20110106_079.jpg
お寺の名前は修禅寺

そう修善寺の名前の元になったお寺です。
807年にあの空海さんが作られたとのことです。
なので当時は真言宗でしたが、
火災で焼けてしまったので、今度は民衆の仏教である、
曹洞宗のお寺として親しまれております。















20110106_081.jpg

川の中にぽつりとあるのは、独鈷の湯。

少し前まで無料では入れる公共の露天風呂でした。

今は入れません。足湯はできたかな?

数年前、和菓子屋の社長と一緒に全裸で入ったことを思い出します。
それにしてもオーティエンスが多かったです。
















20110106_082.jpg
内緒話ですが、この独鈷の湯、本来はもっと上流にあって、
台風の度に流されていたので現在の位置に移したそうです。

よって源泉からパイプで送っているそうです。















20110106_085.jpg

洒落た小道を歩き、















20110106_090.jpg
リクエストした高級旅館「あさば」の前まできました。


















20110106_092.jpg
今回は中に入れませんでしたが、
どのくらい高級かといいますと、
敷地内に能楽堂があるのです。

窓の向う、池の奥をみてください。





















20110106_093.jpg
射的場を通り過ぎ、
















20110106_094.jpg

小高い丘に登り、小さなお寺の隅のほうにひっそりと佇むお墓に来ました。



















20110106_095.jpg

この小さいお墓、

実はあの北条政子さんの毛髪の一部が入ったお墓だそうです。
詳しくは忘れました。


でも楽しかったです。

無料です。要予約

修善寺ふるさとガイドの会


「B級バカンス度 ☆☆☆☆☆ 」


  1. 2011/06/02(木) 17:55:25|
  2. ディープな街バカンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<伊東園ホテルの活用法 | ホーム | ひらい製肉店さんは真心の味>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vacances2007.blog119.fc2.com/tb.php/480-57c05a19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。