B級バカンス

感動はプライスレス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

国民宿舎土肥ふじみ荘

20100406_224.jpg

土肥の街を何気なく走っていたら、
懐かしい景色が飛び込んで参りました。
20100406_242.jpg

幼い頃、母に連れられて
恐らく最初の旅行でした。

















20100406_225.jpg

修善寺まで電車を使い、そこからバスで山を越えて
この土肥までやって来ました。

車酔いの激しい私は何度もリバースをしたことでしょう。
母も車酔いするのでダブルでリバースしながら何とかたどり着いたと思います。

最初の旅行、

私の心はワクワクしていました。


















20100406_223.jpg

私の家には車が無いので、
親戚が集まると我家だけ徒歩参加だったりしていたので、
遠方まで足を運ぶ旅行は私のささやかな楽しみだったと思います。


















20100406_221.jpg

母に「ホテルに泊まるの?」と訪ねると、

「国民宿舎よ」と答えました。

建物を見ると、私にはホテルにしか見えないので、
とても不思議でした。

とにもかくにも立派なホテルに一泊する夢のような日だったことを
よく覚えています。
















20100406_228.jpg

表に回ってみるとどうやら廃業してしまったようです。
当時の私にはこの建物がとても大きく、立派なホテルに見えました。

今、こうしてみると学校のような低層の宿舎といった感じですね。

思わず、苦笑いです。















20100406_231.jpg

国民宿舎でも見た目はホテルだったので、
しっかりとゲームコーナーもあって、
(現在でも伊豆熱川荘では健在です)

ピンボールやルーレットゲームに興じていました。
いつもは財布の紐がカタイ母も、
この日は観音様のような微笑で楽しませてくれました。






















20100406_230.jpg

当時は防波堤が無くて、
庭と砂浜が繋がっていて、プライベートビーチのようでした。




















20100406_226.jpg

露天風呂を造ったのですね。















20100406_227.jpg

最後まで頑張って力尽きたのでしょう。















20100406_233.jpg

失敬して、屋上に上がらせてもらいました。















20100406_234.jpg

きっと、この情景から
私のB級バカンスがはじまったのだと思います。

「B級バカンス度 ☆☆☆☆☆ 」
  1. 2010/05/10(月) 08:45:48|
  2. 廃墟バカンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<石部の棚田 | ホーム | 安楽寺でひとっ風呂とめえりやしょう。>>

コメント

懐かしい写真をありがとうございます!
今から40数年前、両親がこの宿を気に入って年に数回、多い年は毎月通っていました。
比較的寂しい朝食だったため、朝食用に宿を出て左側の小さなお店でコンビーフを買ってきた父親を懐かしく思い出しました。
小学生だった私は今と違って(笑)可愛かったらしく、女性の副支配人Sさんやら、森進一の大好きなスタッフ、ふじみ荘の前で民宿を始めたスタッフさんなどに遊んでもらいました....
夏のピーク時に無理して泊めていただいた時は、2階の大広間を夕食後に朝食前まで、とか今では考えられない優しい宿でした。
大学に入ってからは合宿などに使わせていただき、浜にあった海の家で夜中まで飲み会をやった楽しい思い出があります。

すいません、グダグダと想い出を書き連ねてしまって。

改めて、懐かしい写真をありがとうございました。
  1. 2015/06/27(土) 09:50:17 |
  2. URL |
  3. yosshi #-
  4. [ 編集]

はじめまして。
親父の実家がこの近所にあり、子供の頃の夏と言えば、毎日、この富士見荘の前で泳いでいました。
昨夜、所要があり、親父の実家まで20年ぶりくらいに向かったのですが、既に富士見荘は影も形もなく、寂しく思いました。

懐かし写真をありがとうございます。
  1. 2016/01/14(木) 11:46:09 |
  2. URL |
  3. H.SUGIYAMA #-
  4. [ 編集]

コメントをありがとうございます。

H.SUGIYAMAさま

お返事遅くなって失礼致しました。

情報をありがとうございました。

富士見荘は解体されてしまったようですね。
慌ててグーグルマップで確認したら無くなっておりました。

私はいいタイミングで見る事ができましたが、
思い出は皆さんの胸の中でいつまでも楽しい記憶のまま
生き続けますね。

日本もあの頃が丁度よかった気がします。



> はじめまして。
> 親父の実家がこの近所にあり、子供の頃の夏と言えば、毎日、この富士見荘の前で泳いでいました。
> 昨夜、所要があり、親父の実家まで20年ぶりくらいに向かったのですが、既に富士見荘は影も形もなく、寂しく思いました。
>
> 懐かし写真をありがとうございます。
  1. 2016/01/28(木) 11:29:03 |
  2. URL |
  3. バカンス麺 #-
  4. [ 編集]

初めまして。あまりにも懐かしくてコメントさせていただきます。

今から40年前、家族と親戚で毎年夏休みに行っていました。
毎年夏にふじみ荘へ行くのが楽しみで待ちきれませんでした。

海にはやぐらのブイがあり、そこまで泳いで行くのがハラハラ
ドキドキ。夜はピンポンとジュークボックス、テレビゲームなど
で非常に楽しかったです。

沼津インターから西伊豆スカイラインを通るコースは、車酔い
で死にそうでしたが、途中で確か「だるま山」という休憩所が
あったと思いますが、そこで山菜そばとUFOキャッチャーみ
たいなグッズゲームをするのが楽しみでした。

今はもう閉館されたと聞いて、ものすごく悲しい気分です。
私の人生で忘れることのできない民宿だったから。
でも、こうして最後の写真だけでも拝見できただけで感謝
しております。ありがとうございました!
  1. 2016/03/26(土) 20:04:47 |
  2. URL |
  3. キッズ #-
  4. [ 編集]

キッズさま

ご返信が遅くなり大変失礼いたしました。

コメントありがとうございました。
ふじみ荘はこんなにも多くのファンに皆さんがいて、
それぞれがとてもよい思い出があり、本当に幸せな建物だったのだと
改めて思いました。

このページをご覧になったキッズさんも恐らく、
ふじみ荘が気になって、検索したのではないでしょうか?

みなさんの胸に焼き付いていつまでも包み込んでくれることでしょう。

  1. 2016/04/30(土) 15:36:52 |
  2. URL |
  3. バカンス麺 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vacances2007.blog119.fc2.com/tb.php/355-5ff801c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。