B級バカンス

感動はプライスレス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

久しぶりの激坂にウキウキしていたのだが、、

酷道308号 (1)
お馬さんのヒズメのような跡がずっと続くこの道。

なるほど激坂だ。

実はこの激坂を堪能しに来たのや。

ところでこんな早朝に汗だくで登っているのは私ひとりだけ。

通報されないように願うのみ。。
酷道308号 (2)

まあ、昔は大坂って書いたぐらいだから、

凄いで、大阪。


なかなかの急坂や。











s-IMG_4468.jpg

下界が小さくなる。










酷道308号 (3)

なんか黄金色に輝くものが見える。











酷道308号 (4)

如来さまか観音さまか、、









酷道308号 (5)
ひたすら汗だくで登っているのだが、



どこからともなく現れ、背後から私をピタッとマークする老婆。



スピードといい、スタミナといい、、



恐し!



観音さまか、、、










酷道308号 (6)
なかなかの急坂や。










酷道308号 (8)

1時間弱歩いたのだろうか、やっとついたこの有名なS字激坂。
動画サイトで観ると、急坂過ぎてスリップしながら登ったり、
一旦、止まってしまうと、登れなくなってしまうバイクがいる程。


狭いし、慣れてないとパニクるだろうな。










酷道308号 (7)

傾斜角27.4度。



太陽光発電パネルが効率よく稼働する角度だ。
道にパネルを敷き詰めれば良い。









酷道308号 (11)
更に登る。

ヒズメ型道路は続くよどこまでも、、、、











酷道308号 (12)








振り返る

細い道だな

この道は












でもね、このくらいの激坂はわが町にもあるし、
このくらいの細さの農道だって普通だ。





でも、
















酷道308号 (13)
民家の入口のようなこの道は、、、










酷道308号 (14)

途中から石畳になってしまうこの道は、、、











酷道308号 (16)
軽自動車がすれすれ一台しか幅のないこの道は、、、、










酷道308号 (10)

「おおせまい」と読めてしまいそうなこの道は、、、、











酷道308号 (9)


国道だったんだぜーーーーー!








酷道308号 (15)


泣く子がもっと泣く 酷道308号線
鳴かぬなら私が鳴こうホトトギス by 戸川純ちゃん。




ここは暗峠(くらがりとうげ)



「B急バカンス度 ☆☆☆☆☆」



  1. 2016/12/26(月) 08:03:22|
  2. 激坂バカンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<大阪デカ頭2発 | ホーム | 多い坂それが大阪!>>

コメント

ひさびさの投稿につい反応してしまう。笑
ここ、youtubeで見たことあります。
250cc位のバイクで坂道発進をしようと
していたツワモノが居ましたね。
この道は確かにすごい。
まして酷動だったとは。驚!
最後の写真の 「奈良県」 の看板の上に
横幅規制(1.2M?)があり、先日TVでその理由
(1.2M?は余りに狭すぎ)を追いかけた結果、
横幅規制の標識は撤去されてました。
うっかり、足を踏み入れるては行けない場所に
がっつり踏み入れるあたりが、流石バカンス麺さん。
  1. 2016/12/27(火) 02:14:58 |
  2. URL |
  3. Y #-
  4. [ 編集]

Yさま

坂道自体は我々の地元からすればたいしたことないレベルなのですが、
坂道の距離が細くて長いのと国道だということが
ちょっと面白いです。バイクで行こうと思ったのですが、
そのyoutubeの動画を見ていたので、
様子見で徒歩で行きました。
冬なのに汗だくでした。
  1. 2016/12/29(木) 20:40:30 |
  2. URL |
  3. バカンス麺 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://vacances2007.blog119.fc2.com/tb.php/727-3ee4c588
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。